たるみ防止 食べ物

たるみ防止にいい食べ物について

若いうちはいいですが、年齢を重ねるごとにお肌のたるみが気になってくるのではないでしょうか。

お肌の老化を遅らせるためにも、ケアすることが大切ですが、外側からのケアはもちろんのこと内側からのケアもしていく必要があるのです。

内側のケアと言ったらやはり食生活を見直すことが大切になっていきます。 食生活を見直し、改善することで、お肌のたるみを防止することが出来ると思うので、まずは、自分の普段の食生活を見直しましょう。

ではたるみ防止に効果がある食べ物を紹介していきたいと思います。
●大豆食品
大豆に含まれている大豆イソフラボンは、女性ホルモンと同じような働きをしてくれます。 またお肌の保湿機能をアップしたり、老化防止、更年期予防などにも効果があるので、お肌のハリを保つために役に立ちます。 大豆イソフラボンの1日の摂取目安として、30mg摂取すると良いようです。 そして大豆イソフラボンを摂取する時に、ビタミンEを合わせて摂取すると体内への吸収率が上がり、より効果的のようです。 おすすめの大豆食品は、きな粉・納豆・豆腐などです。

●卵の薄皮
卵の薄皮?と思ってしまった人もいると思いますが、卵の殻と白身の間にある薄い膜には、コラーゲンを増やす効果があるのです。そのため、お肌のたるみ解消にはとても効果的だと言えます。 普通はゆで卵を剥いた時に薄い膜は捨ててしまうと思いますが、捨てずに食べるようにすると、コラーゲンを増やすことが出来ます。

●きゅうり
きゅうりに含まれているシトルリンというアミノ酸には、新陳代謝を高める効果、血流を良くする効果、抗酸化作用の効果などがあります。 これらは、たるみや浮腫みを解消するにはとても有効なのです。 サラダを作る時には必ず入れるようにして、意識するといいでしょう。

●コラーゲンが豊富な食べ物
皮膚が作られている約70%がコラーゲンです。 そしてコラーゲンは、お肌のハリを保つ機能があり、コラーゲンが不足してしまうとたるみの原因になってしまうのです。 お肌のハリを保つ他にも、保湿機能を高める効果もあるため、美肌を作るためには、とても大切なのです。 そのためコラーゲンが不足したいように、しっかり食べ物から摂取するようにしましょう。 ちなみにコラーゲンを含んでいる食材でおすすまの物は、牛すじ・鶏肉の皮・鶏の手羽先・豚足です。

●ポリフェノール
ポリフェノールには、血流をよくし、浮腫みを改善してくれる効果があります。 他にも、ビタミンCの吸収を高めてくれたり、抗酸化作用などの効果もあるうえに、たるみやシワ、ほうれい線予防に有効なのです。 ポリフェノールを含んでいるおすすめの食材は、明日葉・玉ねぎ・ブルーベリー・ぶどう・りんご・赤ワイン・緑茶です。

●ビタミン類
ビタミン類には、抗酸化作用があるので、老化防止とお肌のハリを保つ効果があります。 ビタミン類は単一ではなく、複数で摂取すると体内への吸収が高まり、より効果があるので、多くのビタミンを一緒に摂取するようにしてみてください。 ビタミン類を含んでいるおすすめの食材は、ほうれん草・にんじん・レバー・ニラ・豚肉・そば・玄米・レバー・卵・サバ・納豆・レモン・キウイ・かぼちゃ・アボカド・アーモンド です。

このような食べ物を食べることで、お肌のたるみを予防することが出来ると思います。 ではこれらの中の食材を使ったレシピを紹介したいと思います。

1つ目は、大豆食品の豆腐とビタミン類の豚肉を使ったレシピを紹介します。
~豆腐の肉巻き~
●材料
・豚バラ→200~250g
・木綿豆腐→2丁
・塩コショウ→少々
🌺作り方
1、 豆腐は5㎜~1㎝に切っていきます。
2、 豚バラ肉は2枚敷いて、その上に豆腐を置いて巻いていきます。
3、 全部巻き終わった、フライパンに油を熱し、巻き終わりを下にして中火で焼いていきます。
4、 塩コショウをして両面焼いたら完成です。
これはとても簡単に作れるので、料理を作るのが苦手という人でも作ることが出来ると思います。

2つ目は、大豆食品の豆腐ときな粉を使ったレシピです。
~簡単豆腐ときな粉のスイーツ~
●材料
・豆腐→200g
・きな粉→適量
・黒蜜→適量

🌺作り方
1、 豆腐は水を切り、皿に入れて豆腐にきな粉と黒蜜をかけて完成です。
これはレシピとは言えないかもしれませんが、とても簡単で美味しいです。
またダイエットをしている人にもおすすめなので、食べてみてください。

3つ目は、コラーゲンの食材の鶏肉の皮とポリフェノールの食材の玉ねぎです。
~鶏皮と玉ねぎのポン酢和え~
●材料
・鶏皮→鶏肉2枚分
・玉ねぎ→2分の1
・ポン酢→適量
・青ネギ→適量
🌺作り方
1、 玉ねぎを薄く千切りにして、水にさらしておきます。
皮は小さく切って、お湯で茹でます。
※茹ですぎてしまうと硬くなるので気を付けましょう。
2、 玉ねぎの水気を切り、ボウルに入れて、先ほど茹でた皮も入れます。
3、 ポン酢を玉ねぎが8割方浸るまで入れて、よく混ぜます。
最後に小口切りに切った、青ネギを入れて、混ぜ合わせて、冷蔵庫で冷やしたら完成です。
これも簡単に作ることが出来ますし、ポン酢で食べるので、さっぱり食べることが出来ます。

このように簡単で美味しいレシピがあるので、良かったら試しに作ってみてはいかがでしょうか。 これらの食材を使い、意識して食べることでたるみを予防することが出来ると思いますので、意識してみてください。

↑ PAGE TOP