内側から 肌 綺麗

内側からお肌を綺麗にしよう!

女性なら特にお肌を綺麗にしたい、保ちたいと考えているのではないでしょうか。

そんな女性の多くは、外側のケアを念入りにやっていると思いますが、内側のケアは出来ていない人や、怠っている人が多いのではないでしょうか。

若いうちはそれでもいいかもしれませんが、年をとってから後悔することになるかもしれません。 なので、もしもどんなケアをしたとしても、肌状態が改善できないようであれば、食べる物を変えてみると改善することが出来ると思います。

食べ物を変えるだけで肌状態が良くなるのであれば、やる価値はありますし、他のことをするよりも簡単ではないでしょうか。

好きな物を好きなだけ食べているようであれば、それは肌に言い訳がありませんから、改善することが大切なのです。

ではさっそく何を食べると肌を綺麗にすることが出来るのかを見ていきましょう。
1つ目は、こんにゃくです。
こんにゃくいもからこんにゃくが作られていますが、こんにゃくいもには、セラミドが非常に多く含まれています そのセラミドの量は、米に含まれているセラミドの7倍以上だと言われています。 またこんにゃくは食物繊維が豊富なので、便秘の改善にも役立つので、腸内環境を良くしてくれるのです。 便秘を改善することが出来れば、お肌も綺麗になるので、一石二鳥ではないでしょうか。 こんにゃくを食べる時は、よく噛んで食べるようにしましょう。あまり噛まないで飲み込んでしまうと、吸収率が低くなってしまうので、よく噛むことは大切です。
1つだけこんにゃくを使ったレシピを紹介します。
●こんにゃくの甘辛煮
◦材料
こんにゃく→2袋
ちくわ→4本
醤油→大さじ4
みりん→大さじ6
酒→大さじ2
だし汁→50ml
🌺作り方
1、 こんにゃくは0.5㎝くらいの厚さで切っていきます。
ちくわは、斜めに切っていきます。
2、 こんにゃくの真ん中切り込みを入れ、そこにこんにゃくを入れて、結びます。
3、鍋に水を入れて、沸騰したらこんにゃくを入れ、再沸騰したら、こんにゃくをザルにあげます。
4、鍋にごま油(分量外)を入れ熱したら、ちくわとこんにゃくを入れ炒め、油が全体に回ったら、調味料を入れ、汁けがなくなるまで煮たら完成です。

2つ目は、リンゴです。
リンゴは、非常に栄養素が高い食べ物です。 そしてリンゴの皮には、ポリフェノールが含まれているため、アンチエイジング効果もあります。 その他にもリンゴには、腸内の汚れを綺麗にしてくれる作用があるのです。 またリンゴを食べる時は、よく噛んで食べることで、腸内に溜まっている便が排出しやすい状態になるのです。 朝食にリンゴを食べることで、午前中に体内を綺麗にすることが出来、昼ごはんの栄養をしっかり吸収することが出来るようになるので、朝食に食べるといいでしょう。
リンゴを使ったレシピを紹介します。
●リンゴのコンポート
◦材料
リンゴ→1個
バター→10g
砂糖→小さじ1~2
シナモン→お好みの量
🌺作り方
1、 フライパンにバターを入れて溶かしたら、芯を取ったリンゴを並べて、フタをして焼きます。
2、 砂糖を入れて、裏返したら、また蓋をして火を通します。
この時焦げないように弱火でじっくり焼いてください。
3、 水分がなくなるまで焼いたらさらに写し、シナモンをふって完成です。

3つ目は、大根です。
大根の葉には、カロチンが豊富に含まれています。 カロチンは、体内でビタミンAとなって新しい細胞の増殖を促進して、視力低下を防止してくれます。 また大根の葉には、葉緑素やビタミンAやビタミンB群、ミネラルが豊富に含まれているため、ニキビや吹き出物を無くしてくれ、老化を防ぐことが出来るのです。 そのため、色々な料理に入れ、食べていると効果があると思います。
大根の葉を使ったレシピの紹介をします。
●大根の葉味噌汁
◦材料
大根の葉→1袋
油揚げ→1枚
だし汁→500ml
味噌→大さじ2弱
🌺作り方
1、 大根の葉は、3㎝くらいに切ります。
2、 油揚げは、お好きな大きさに切ります。
3、 鍋にだし汁を入れて沸騰したら、大根の葉と油揚げを入れてフタをして再沸騰させます。
4、 沸騰したら、火を1度消して味噌を加えて完成です。

4つ目は、しそです。
しそも大根と同じようにニキビや吹き出物に効果があります。 しそには、ビタミンAが多く含まれていて、皮膚の代謝を促すため、吹き出物やニキビ、シミなどを消すことができ、肌にツヤが出るのです。 またポリフェノールも豊富なので、老化防止にも効果がある食べ物なのです。
しそを使ったレシピを紹介します。
●しそとチーズの肉巻き
◦材料
豚バラ→1パック
しそ→6~8枚
スライスチーズ→適量
塩コショウ→少々
片栗粉→少々
🌺作り方
1、 豚バラをまな板に並べて、塩コショウをしてから、片栗粉を振りかけます。
2、 肉の上にしそとチーズをのせて、グルグル巻いていきます。
巻いたら、冷蔵庫に入れ、10分程度寝かせます。
3、 寝かせたら、フライパンに油を熱し、全面をゆっくり焼いていきます。
焼き目が付いたら完成です。

5つ目は、黒酢です。
黒酢がいいことは出れでも知っていると思いますが、黒酢は成人病や体を老化させる活性酸素をやっつけてくれる力があるので、血液をサラサラにしてくれ、体脂肪をつきにくくしてくれるのです。 その他にも美肌と目にもよく、皮膚に含まれるコラーゲン同士を結び付けて、働きを強くするので、肌のハリやツヤに繋がります。
黒酢を使ったレシピの紹介です。
●黒酢の野菜炒め
◦材料
豚肉→250g
キャベツ→4枚
にんじん→1本
玉ねぎ→1個
片栗粉(豚肉用)→大さじ3
■タレ
砂糖→大さじ4
黒酢→大さじ3
しょうゆ→大さじ2と2分の1
酒→小さじ1
塩→少々
鶏がらスープ→小さじ2分の1
ぬるま湯→3分の2カップ
片栗粉→大さじ1
🌺作り方
1、 肉と野菜は食べやすい大きさに切り、肉は片栗粉をまぶしておきます。
2、 タレの調味料を全て混ぜ合わせておきます。
3、 フライパンに少し多めに油を入れて、肉に焼き目が付くまで炒め、1度皿に移しておきます。
4、 にんじん→玉ねぎ→キャベツの順番に炒めたら、塩コショウで味付けをします。
5、 野菜に火が通ったら、先ほどの肉をフライパンに戻し、炒め合わせます。
6、 タレを加えて、全体に絡めとろみがついたら、完成です。

肌を綺麗にするためには、外側だけのケアではなく、内側からのケアもしっかりするようにしましょう。 今までの食事を少し改善するだけで、肌状態も完全出来るので、是非試してみてはいかがでしょうか。

↑ PAGE TOP